黒酢ともろみ酢のどちらが健康飲料として優れているか

23

そもそも黒酢ともろみ酢とは別物

黒酢は黒酢もろみなどと言われることもありますので、黒酢ともろみ酢は同じものではないかと思っている方もいるようです。ところが、黒酢ともろみ酢はまったく別のもです。
もろみ酢とは、原材料に琉球地方の泡盛の製造過程で生じたもろみ糠を材料とした液体です。どのように材料としたかというと、もろみ糠を濾過しています。
黒酢は玄米を原材料にしていますので、そこだけとっても黒酢ともろみ酢はまったく違うことがわかります。『三黒の美酢』などで黒酢もろみと呼ばれるのは、壷の底に溜まった玄米の糠にアミノ酸が豊富に含まれている様を指して「もろみ」と呼んでいるのです。

黒酢もろみともろみ酢はクエン酸の量が違う

ただ、黒酢もろみともろみ酢では決定的な違いがあります。それは、黒酢もろみにはクエン酸がほとんどありません。同じくもろみ酢にはクエン酸が豊富に含まれていますが、酢であるはずのもろみ酢には酢酸が含まれいません。つまり、栄養素の構成にも両者には違いがあるのです。
なお、黒酢には酢酸が多く含まれていますが、クエン酸はほとんど含まれていないと言いました。ただ、巷では黒酢はクエン酸が多いと言われています。これの訳は、酢酸が体内に取り込まれると酢酸はクエン酸に変化するのです(ただし、すべてがクエン酸になるわけではありません)。
まとめると、もろみ酢には多く含まれているクエン酸ですが、黒酢には少ししか入っていません。どうやってクエン酸の量を増やすのかというと、黒酢は酢酸をクエン酸に変えているのです。

黒酢ともろみ酢のどっちが優れた飲み物なの?

もろみ酢と黒酢ですが、どちらの方が栄養価が高いと言えるでしょう。
もろみ酢はクエン酸パワーに支えられている飲み物で、黒酢より飲みやすいと思います。もろみ酢は酢ではなく、清涼飲料水になります。酢酸がないぶん、酢独特のキツさはありません。それに何と言っても、もろみ酢はクエン酸の含有量が非常に高い飲み物です。黒酢と比較したら黒酢は負けてしまうかもしれません。
ただ、黒酢ももろみ酢も、単純には比較はできません。なぜなら、製法のレベルがそれぞれ違うからです。そういう意味では、いま世間で手に入りやすい黒酢で比較すると、もろみ酢のほうが勝つかもしれません。ただし、黒酢はにんにくなどとのコラボ商品もありますので、そうなるとわかりません。ただ、どちらも健康効果が高い商品ですから、まずは口に合ったものを試してみれば、良いのではないでしょうか。

参考:黒酢とにんにくは最強の組み合わせと言われる所以とは