信頼のブランドミツカンが送る『ミツカン 純玄米黒酢』

4

ミツカンブランドは家庭用の寿司酢でつくられたもの

ミツカンは調味料と納豆を主力商品とする日本の大手食品メーカーです。
昭和の食卓のそばには、ミツカン酢がかならずあったことから40代以上の方はお酢と言えばミツカンを思い起こすほど、強い印象があるのではないでしょうか。そんなこともあり、今でも家庭用の寿司酢はミツカンブランドが世界的に有名なようで、現在では世界中のスーパーでミツカンブランドの酢を入手できるようです。
そんなミツカンが、黒酢関連の商品をリリースすることは珍しくもないわけですが、酢関連ではサプリメントではなくドリンク商品を多く発売しており、ミツカンファンから愛されています。黒酢と言えばやはり『ミツカン 純玄米黒酢』でしょうか。

ミツカンの『ミツカン 純玄米黒酢』とは

『ミツカン 純玄米黒酢』は家庭用で500ml入りが瓶に入って販売されています。『ミツカン 純玄米黒酢』は原液ではありませんから、飲む場合は通常大さじ一杯を10倍ではなく5倍に薄めて使います。もちろん、調味料としても使えるのですが、調味料として使うのなら原液で用いたほうが良いようで、リピーターはドリンクとして使う方が多いようです。
飲み方はいろいろあるようですが、いちばん多いのは牛乳で割った飲み方です。それに甘みを足すためはちみつやブルーベリージャムを足すなど、それぞれの楽しみ方を皆さんしているようです。
やはり、長い歴史がユーザーとの信頼感を生んでいるようで、リピートを決めた方は長く続けるようです。やはり信頼のミツカンブランドということで、酢に関しては絶大な信頼を置いているのだと思います。

ファミリー層の愛される『ミツカン 純玄米黒酢』

どういうお客様に『ミツカン 純玄米黒酢』は選ばれるのかというと、むかしながらのファミリー層に向くのではないでしょうか。価格的には決して安い商品ではないですが、ファミリー層が続けて使える商品ということです。そして使っている層は、それが良品かどうか判別できる目を持っています。
もちろんメーカー側も、ミツカンブランドを汚さないだけのクオリティを考えています。ですから、サプリメントタイプよりレベルは上を狙ってつくられています。
なお、『ミツカン 純玄米黒酢』にはシリーズとしてりんご、うめ、アサイー、ざくろなどがあり、アサイーとざくろ黒酢が人気があります。ドリンクタイプで良品をお探しの時はミツカンの黒酢シリーズを当たってみてはいかがでしょうか。

関連記事 あえてあげるとすれば黒酢の注意点はどのようになる?