黒酢は本当に血糖値を下げる効果があるのか

25

黒酢は血糖値を下げる効果があるか?

黒酢は血糖値を下げる効果があると言われています。ただ、効果があるということで黒酢を食生活に取り入れてみたところ、効果はないとする糖尿病患者もブログ記事などで見かけます。
ただ一般的な穀物酢でも、食事の際に大さじ一杯摂ることで、食後の血糖値の上昇は抑えられるという研究はたしかにあります。日本以外の諸外国でも酢と血糖値の効果は注目されています。
また、意外に思うかもしれませんが、研究の段階ではありますがエヴィデンスも多数紹介されています。最近ではメディアでも紹介される場面も増えていますので、酢や黒酢に血糖値を下げる効果があると「前向き」に捉えることは間違いではないと思います。

黒酢は血糖値を下げる効果がある実例等

簡単な例をあげると、酢を使った料理を食べると、食物の胃から腸への移動が遅くなるそうです。たったこれだけですが、食後の血糖値の上昇は抑えられます。
ただ、小まめに酢や黒酢などを摂っていたとしても、普段の食生活の面で注意を怠っている場合は、血糖値の結果はそれほど変わらない場合があります。糖尿病は食事の時間にも注意が必要です。平素の管理にも気をつけたいものです
また、酢や黒酢は血液から筋肉細胞へのブドウ糖の取り込み量を増やすはたらきがあります。これは、食後の血糖上昇を抑えることから、2型糖尿病(日本人の糖尿病の9割がこの2型糖尿病です)に処方される糖尿病の治療薬と同じ効果を持つ酢や黒酢が、インスリンの抵抗も改善する効果があると言われています。
なお、これらの酢や黒酢のはたらきには酢酸が絡んでいるようです。黒酢が高価な場合は、安価なリンゴ酢やビネガーでもでも代用できるのはこのためでしょう。酢は体に良いものですから、まずは取り組んでみることでしょう。

基本的に糖尿病を治したいと思う行動こそ大事

ただし、病気を治したいと思う強い気持ちがなければ、黒酢やリンゴ酢は、ただの酸っぱい液体で終わりです。おそらく2型糖尿病の方が多いでしょうが、2型糖尿病は対処が早ければ注射を自分で打ったりしなくても済むのです。
食事は決められた時間にバランスよくを心がけることが大切ですし、毎日少しずつ適度な運動も生活に取り入れてみましょう。そして、食事中前半に大さじ2杯の黒酢を朝と夕方、二度に分けて摂ります。原液のままではきついので、水などで薄めるか、本サイトの記事『自分なりの黒酢ドリンクを作ってみるところからはじめてみる』を参考にして、自分なりの健康ドリンクを作ってみるのも良いと思います。

一緒に読まれる記事:黒酢は更年期にも効果があると言われるのは本当か?