自分なりの黒酢ドリンクを作ってみるところからはじめてみる

22

黒酢をはじめて飲む方におすすめのメニュー

黒酢は体に良さそうなので、調味料として試す方は多いようですが、ドリンクとて使うには酢酸の酸っぱさがネックになってどうしても続けて飲めない方もいるようです。
もちろん、酢は調味料や隠し味で使うものですから、無理にドリンクにする必要はありません。でも、味はともかくあの琥珀の見た目に惹かれて、黒酢を使ったドリンクを試したい方も多いのではないでしょうか。
ここでは、代表的な黒酢をアレンジしたドリンクを紹介してみますので、良さそうなメニューを試してみると良いでしょう。

基本的な黒酢ドリンクの組み合わせ

【水割り(お湯割り)】
一度は試したことがあるのが黒酢の水割り(お湯割り)ではないでしょうか。大さじ一杯の黒酢を10倍程度以上に薄めて飲む、いちばんシンプルな方法です。
ただ、黒酢は薄めても酢酸の酸味は残りますので(お湯割りでは特にそう)、これが気になる方ははちみつで甘みを足しながらレモンを絞るとツンとくる酢酸の刺激はなくなります。
【牛乳割り】
黒酢を割るのを牛乳や豆乳を使うというのも、酸味を消しやすくするのでおすすめです。味はヨーグルト風味になります。
【フルーツ(フレッシュ)ジュース】
フルーツジュースとの組み合わせもおすすめできます。ただし、この場合はミキサーを使ったオリジナルジュースが合います。生々しいフルーツの力で黒酢のトゲトゲしさを消してしまうからです。フルーツジュースが好きな方は試してみると良いでしょう。
【トマトジュースや野菜ジュース】
黒酢はトマトジュースや野菜ジュースにもよく合いますが、こちらは、市販のトマトジュースや野菜ジュースで大丈夫です。多分、これがいちばんコストがかからない方法かもしれません。

飲みやすくアレンジしやすいメーカーの黒酢ドリンク

市販されている黒酢ドリンクですが、こちらは健康をテーマとした商材が多くなります。
【ミツカン マインズ<毎飲酢> 黒酢ドリンク】
ミツカンは食酢、つゆ、ぽん酢を製造している食品メーカーで日本ではトップブランドです。家庭用の寿司酢で有名なミツカンですが、黒酢の特保もいくつか出しています。これは、血圧が高めの方に適している商品で、りんご果汁とはちみつが甘さを引き立てています。
【ミツカンの黒酢ドリンク】
黒酢が苦手な人でも始めやすいと評判なのが、6倍濃縮タイプとストレートタイプにわかれて販売されている純玄米の黒酢ドリンクシリーズです。
バリエーションは、ブルーベリー黒酢、うめ黒酢、ざくろ黒酢、りんご黒酢、アサイー黒酢があります。自分の好きな味を探し出すのも大変ですが、それもまた楽しいのではないでしょうか。
【ヤクルト 黒酢ドリンク】
ヤクルトも黒酢ドリンクを出しており、ファンからは評価が高いようです。特徴は、ガラクトオリゴ糖が含まれていることで、ビフィズス菌を増やしてくれる点です。ヤクルトの黒酢ドリンクを飲むと腸内環境を整えてくれます。
もちろんこのほかにも黒酢ドリンクたくさん種類があります。自分の口に合うものを試してみると良いでしょう。

関連:発酵黒にんにくが特徴の小林製薬『熟成黒にんにく 黒酢もろみ』